バイナリーオプションでトレードする時間帯はいつが良いのか解説!

バイナリーオプションでトレードする時間帯はいつが良いなどあるのか解説します!

バイナリーオプションをやるときは、トレードする時間帯によって勝率が変わるのか気になりますよね。

トレードする時間帯によって勝ちやすさが違うのではないかと考える人は多いです。

確かに、勝ちやすい時間帯はありそう!

実際、時間帯によって値動きは変わってくるので、どの時間帯も全く同じではないことは予想できるでしょう。

今回は、バイナリーオプションで勝ちやすい時間帯はあるのかについて解説します。

バイナリーオプションの時間帯とは?

バイナリーオプションの時間帯とは取引する都市のこと

まずはバイナリーオプションの時間帯について、基礎的なことをお伝えしていきます。

バイナリーオプションをやるにあたって、知っておきたいのが3大市場

有名な3つの都市を押さえておきましょう

3大市場とは、以下の3都市のことです。

  • 東京
  • ロンドン
  • ニューヨーク

時差があるので、時間帯によって取引するエリアが変わってきます

取引するエリアが変わったら、何が違ってくるんだろう・・・?

時間帯が違えば、取引するエリアも変わる。

取引するエリアが変わると、チャートにも変化があることがわかってきます。

それによって何が変わるのかをチェックしてみましょう。

取引する時間帯で変わること

バイナリーオプションでは取引する時間帯で何が変わるのか?

実際にチャートを見てみれば、取引する時間帯によっての違いが見えてきます。

東京なら9時〜15時くらいまでとか、時間帯によって枠を囲んで見てみればわかりやすいです。

そして、その時間帯にどれくらい動いたのかを見て、考えていくのが良いでしょう。

う〜ん、なんとなく枠の高さが違うような・・・?

そうなんです、枠の高さがエリアによって違い、最も枠の高さがないのは東京です。

枠の高さは、値動きの大きさを示しています

どのエリアでどの時間帯なら値動きが大きいのか、小さいのかをチェックしてみれば、違いが見えてきますよ。

時間帯によってどう値動きが変わる?

ロンドンやニューヨークは値動きが大きくて東京は小さい

実際にチャートを見てみると、時間帯によって結構な値動きの違いがあることが見えてくるはずです。

値動きが大きい時間帯にトレードしたいなら、ロンドンやニューヨーク

狭いレンジの中でトレードしたいなら、東京時間を狙うのがアリです。

ずっと過去の値動きを確認してみても、東京は値動きが少ないことがわかります。

確かに、明らかに東京は安定している!!

安定した値動きのなかでトレードをしたいなら東京の時間帯ですね。

ただし、値動きが必要な手法を使っているなら、ロンドンやニューヨークが良いといえます。

バイナリーオプションなら時間帯は気にしすぎないでOK

バイナリーオプションでは時間帯はそこまで重要ではない

時間帯によって、値動きが違うことがわかりましたね。

値動きが小さいのは東京、大きいのはニューヨークとロンドン!

手法によってきますが、値動きの大きさが気になる場合にはぜひ覚えておいてください。

とはいえ、ここまではFXの話で、バイナリーオプションならそこまで時間帯を気にしなくても良いでしょう。

24時間見ていてチャンスが来ているときに見ている時間帯があれば、エントリーすればOKです。

バイナリーオプションは、そういった時間帯での自由さは大きなメリットだといえます。

今後バイナリーオプションをやっていきたいなら、そこまで時間帯は気にしなくても良いというわけです。

もちろん、手法によってはRSIが効きやすいなどがあるので、サインツールを使ってトレードしているなら東京時間でトレードすれば良いというような一般論はあります。

しかし、時間帯を意識していても必ず勝てるわけではもちろんないので、あくまでも一般論です。

自分の裁量でやっているなら、自分で値動きを見て入りやすいときに入ってトレードするのが良いでしょう。

まとめ

時間帯によって、値動きの大きさは変わってきます。

東京は値動きが小さく安定しており、ロンドンやニューヨークは値動きが大きいです。

しかし、バイナリーオプションでは、あまり時間帯は気にする必要はありません。

自分がチャートをチェックしている時間帯に値動きがあればエントリーすれば、それで問題ないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です